exp,impについて(例)

exp例(テーブル単位)

exp ユーザ名/パスワード@データベース名 tables=エクスポートするテーブル名 file=エクスポートするファイル名(パス付き)

imp例(テーブル単位)
imp ユーザ名/パスワード@データベース名 tables=インポートするテーブル名 file=インポートするファイル名(パス付き) ignore=y

ignoreパラメータは、エラーが起こっても無視するかどうかを指定できるパラメータ 
項目追加後のテーブルに対し、項目追加前のexpのイメージを取り込むときにも使用できる。
impは、項目追加前のexpのイメージをimpすることも出来る。追加部分の項目についてはnullでimpされる。

テーブル単位の他に、複数のテーブルのimp,exp。データベース全体のimp,expも可能。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

e.swan

Author:e.swan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR