VB.net2010でODP接続すると、以下のエラーが発生する。

構築されているプロジェクトのプロセッサ アーキテクチャ “MSIL” と、
参照 “Oracle.DataAccess, Version=1.102.3.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=89b483f429c47342″ の
プロセッサ アーキテクチャ “x86″ の間には不一致がありました。この不一致は、ランタイム エラーを発生させる可能性があります。


mizkichi23.apples.jp/blog/619

64bit版を参照すると発生するとある。32bit版を参照するようにする。

補足資料
プラットフォーム(OracleClient) OracleDataAccess VB.net2010構成マネージャープラットフォーム 警告
64bit 4.112.3.0 AnyCPU なし
4.112.3.0 X86 あり
2.112.3.0 AnyCPU あり
2.112.3.0 X86 あり
32bit 2.112.1.0 AnyCPU あり
2.112.1.0 X86 なし

Oracle Clientは後にインストールされたものが優先される。
こちらの方にパスが通る形になる。
ただ、先にインストールされた方を参照させれば、動作は可能。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

e.swan

Author:e.swan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR