WindowsXPのWindowsUpdateで以上に時間がかかる(CPU使用率が100%になる)

XPでMicrosoft Updateを実行すると、必要なパッチを探すところで異常に時間がかかる。

原因は、以下の通り
www1.ocn.ne.jp/~doishun/report/svchost/

svchostがCPU使用率を100%近くにするのが原因。
対処法としては、KB2879017(10月公開分)をインストールする。
これで解消した。

ただし、上記のパッチを適用しなくても、
処理自体はかなり遅いながらも進んでいる。
これがストールしているように見えるので注意すること。

今回はWindows7のXPModeで発生しているが、
それ以外でも同様と思われる。

今回のインストール順序は以下の通り、

1:XPModeインストール
2:VB6インストール(SP6もインストール)
3::IE8インストール(異常に遅いので注意)
4:Microsoft Update実行(異常に遅いながらも実行)
5:KB2879017適用
6:再度Microsoft Update実行(早くなった)

XPModeインストール直後にKB2879017をインストールすれば
早くなったものと推測される。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

e.swan

Author:e.swan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR