スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PHPでテキストファイルを一件ずつ(fgets)で読み込んだときのEOFの判定について

PHPの場合、テキストファイルをfgets関数で一件一件読むとき、
ファイルの終了[EOF]が検出されるのは、最終レコードが読み込まれたときなので、
注意すること。

例1
aaaaa[EOF]

上記レコードが読み込まれたときにファイルの終了が検出される。

COBOLのREAD命令では、最終レコードの次でEOFが検出される。

例2
aaaaaa
[EOF]

つまり、fgets関数で一件一件読み込んだときは、[EOF]の位置に気をつけないと、
異常終了などの原因になるので注意すること。

Excelなどで、csvファイルを作成した場合、例2の形になるので注意すること。

参考URL
www.asp-edita.jp/doda/one/doda1789_233.html
(VBの例であるが、PHPでも使用出来る)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

e.swan

Author:e.swan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。