スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本認証でアクセス制限する方法(Windows版)

基本的には、前出の「基本認証でアクセス制限する方法」で
OKであるが、Windows上で基本認証を有効にするためには、以下の準備が必要となる。

下記の設定は、ローカル環境上にxamppの環境を設定した例である。

1:apacheの設定変更(htaccessファイルのファイル名の変更)

 Windows環境上では、ドットが先頭に着くファイル名が作成できないため、
 .htaccessではなく、htaccessで認識できるように設定ファイルを変更する。
 
 xampp/apache/conf/extra配下のhttpd-default.conf内の
 AccessFileNameの部分を.htaccessからhtaccessに変更する。
 変更後は、apacheを再起動すること。
 
2:htppasswd.exeでパスワードファイルを作成する。

  xampp/apache/bin/htpasswd.exeでパスワードファイルを作成する。
  入力形式は、以下の通り。

  htpasswd -c △(パスワードファイルまでのパス)△(ユーザ名)

  入力例 Cドライブ配下に testというユーザ名でhtpasswdというパスワードファイルを作成する。
  
       htpasswd -c c:\htpasswd test

  上記入力を行うと、
  Automatically using MD5 format
     New password:と表示されるので、指定したいパスワードを入力する。
  パスワード入力後 Re-type new password:と表示されるので、もう一度パスワードを入力する。

  Adding password for user (ユーザ名)と表示されれば、パスワードファイルが作成されたことになる。

3:htaccessの編集
  
  「基本認証でアクセス制限する方法」の.htaccessの編集方法と同様である。
  以下は、一例である。

  AuthType Basic
  AuthName "Input your ID and Password."
  AuthUserFile /sotsusei/SGP/html/limit_to_access/htpasswd
  require valid-user

  AuthUserFileの部分については、フルパスでの指定も可能である。

注意点として、パスワードファイルについては、htpasswd.exeで作成する必要がある。
いろいろなサイトで公開されている.htaccessのパスワード生成で作成されたパスワードでは、
認識されないので注意すること。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

e.swan

Author:e.swan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。