パスに沿って文字を変形させるには?

「オブジェクト」→「エンベローブ」を使用すると出来る。
エンベローブには、複数の選択指があるが、必要に応じて使用する。

スポンサーサイト

外注の仕事の品質を高めるためのチェック手法(第6回)

web-tan.forum.impressrd.jp/e/2011/08/19/10735

Webデザイン制作用PSD素材を無料ダウンロードできる10個のWebサイト

photoshopvip.net/archives/28257

画像は一枚だけで、さまざまなカラーの背景にするチュートリアル

coliss.com/articles/build-websites/operation/work/creating-reusable-versatile-background-patterns-by-webdesignerwall.html

[JS]画像の一部を拡大・カラー・くっきり表示するスクリプト -jQuery Loupe

coliss.com/articles/build-websites/operation/javascript/jquery-plugin-loupe.html

写真加工に利用したいPhotoshop用アクション、PSD素材28個まとめ

photoshopvip.net/archives/28031

[JS]超軽量、設置も簡単、オプションも豊富なスライドショーのスクリプト -Orbit

coliss.com/articles/build-websites/operation/javascript/jquery-plugin-orbit.html

xampp上でMovableType環境を構築するには

今回は、V:\MovableType_testへMovableTypeの環境を作成し、
xamppは、Vドライブ配下へ設置する。
ActivePerlをDドライブへインストールすることを前提とする。

1:ジャンクション作成用のツールを以下からダウンロードし、インストールを行う。
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se184746.html
(リンク作成シェル拡張for windows)

2:MovableTypeをダウンロード
https://mtuser.sixapart.jp/Form/Enquete/Default.aspx?dpid=0&enqid=0000000023

3:解凍し、設置場所へコピーする。今回は、V:\MovableType_testへコピー

4:xamppをダウンロード
http://www.apachefriends.org/jp/xampp-windows.html
今回は、Ver.1.7.1を使用。解凍後、V:\xamppへコピー

5:setup_xampp.batを起動。
起動するドライブレターを固定したいときに実行する。
  異なるPCで使用する場合で、ドライブレターが変化するときは実行しなくてよい。

6:xamppを起動し、各種設定を行う。以下を参考に。
http://eswan.blog120.fc2.com/category33-9.html
xamppの設定、mysqlのパスワード設定などを行う。
設定後、shutdownを行う。

7:httpd.confの編集を行う。以下の部分を編集する。
(1):183行 DocumentRoot "V:/MovableType_test"に変更する。
(2):193行  Options FollowSymLinks ExecCGIに変更する。
(3):194行  AllowOverride Allに変更する。
(4):195行  Options Allを追加する。
(5):212行 <Directory "V:/MovableType_test">に記述変更する。
(6):344行 Options ExecCGIに記述変更する。
(7):431行 AddHandler cgi-script .cgi .pl .bat .exeに記述変更する。
     拡張子間のスペース忘れずに。これを忘れるとcgiがテキストとして、
     ブラウザー上に表示される。

8:データベースを作成するときに、UTF-8で構築する必要がある場合は、
起動前にmysql\bin\my.iniをUTF-8に対応するように変更する。
MovableTypeは、デフォルトではlatin1でデータベースが作成されるため、
移行などでUTF-8で構築された環境にデータを移行する場合は、
あらかじめUTF-8で作成しておくことが望ましい。
変更方法については、www.adminweb.jp/xampp/mysql/index4.html
を参照のこと。
(これは、Ver.5.5以前の場合、Ver.5.5以降の場合は、以下を参照のこと。)
d.hatena.ne.jp/tetsuwan30/20110823/1314064287

9:ActivePerlをダウンロードし、インストールする。以下からダウンロードする。
http://www.activestate.com/activeperl/downloads
32bit用と64bit用とがあるので、必要な方をダウンロードする。
インストールは指示に従ってインストールする。今回はDドライブ配下に
インストールする。今回は、D:\Perl64配下にインストール。

10:ジャンクションの作成を行う。
1でインストールしたジャンクション作成用ツールを使用し、
Perl64フォルダーをVドライブ配下に右クリックしながらドラッグする。
「リンクを作成する」と表示されるので、これを選択する。

11:Vドライブ配下にも、Perl64フォルダーが作成されるので、usrと変更する。

12:xamppのapacheとMySQLを起動する。

13:MovableTypeのインストールチェックを行う。
ブラウザーを起動し、http://localhost/mt-check.cgiと打鍵する。
エラーで表示されない場合は、V:\Movabletype_test配下にmt-config.cgi
が存在するかどうかをチェックし、存在する場合は別名にする。

14:mt-check.cgi上でcgiモジュールの過不足がある場合は、
ppmによるインストールを行う。以下を参考に。
http://homepage3.nifty.com/hippo2000/perltips/ppm.htm
CUIでppmを扱うときは、DOSプロンプトから、ppm-shell.batと入力すると起動する。
「ppmインストール」で検索するといろいろと出てくる。
追加モジュールのインストールについては、インストール媒体により、
インターネット上から自動インストールされる場合もあり、ダウンロード後
モジュールを起動する形でインストールするものもある。
MySQL関係のモジュールをインストールするときは、install DBD-MySQLと入力する。

15:MovableTypeをインストールする条件が整うと、mt-check.cgi上に
インストールする条件が整ったことを表すメッセージが表示されるので、
ブラウザー上からhttp://localhost/と打鍵する。

16:「サインイン」ボタンをクリックする。
それ以降は、指示に従ってインストールする。以下を参考にする。
http://www.koikikukan.com/archives/2008/11/01-015555.php
MovableTypeは事前にどこまで環境を作成しておくかにより、インストール時の流れが変わるので注意する。

17:インストール完了後、http://localhost/と打鍵し、
ログイン画面が表示されることを確認する。

xampp上にMovableTypeをインストールする方法はいくつか紹介されているが、
xampp単独でMovableTypeをインストールする方法を試みたがうまくいかなかった。
原因は拡張モジュールのインストール時に使用するCPANの環境構築がうまくいかなかった(途中でエラーが多発)このことからCPANではなく、ActivePerlのPPMを利用する
こととした。

注意点として、ActivePerlを使用すると言うことは、ActivePerl上の
perl環境を使用することになる。ネット上の説明には、拡張子cgiとxampp上の
peal.exeを関連づける記述があるが、これを行うと、ActivePerl上の
Pealとの関連づけが効かなくなるので注意すること。
ジャンクションの設定を行うことにより、ActivePerl上のPerl環境との
関連づけは自動的に行われる。


[JS]一行追加するだけで、IE6/7/8でもHTML5のvideoとaudioを利用できる -html5media

coliss.com/articles/build-websites/operation/javascript/js.html

Photoshopで写真をInstagramアプリのトイカメラ風に加工する方法

photoshopvip.net/archives/27518

ロゴデザインにも活用できるエレガントなフリーフォント50個まとめ

photoshopvip.net/archives/27399

ロゴデザインにも活用できるエレガントなフリーフォント50個まとめ

photoshopvip.net/archives/27399

最近リリースされた高品質なフリーのデザインフォント -2011年7月

coliss.com/articles/freebies/freebies-font-2011-jul.html

WordPressからWordPressへデータを移行させる

今回、ローカル環境からさくらインターネット上の環境にWordPressの環境を
移行した。このときの手順をまとめたものである。

バージョンは、3.1.4である。

1:さくらインターネット上にWordPressの環境を構築する。
 今回はさくらインターネット上に作成
 (URL: http://www.eno-moto.sakura.ne.jp/wordpress/)
 マルチサイト化が必要な場合はマルチサイト化を行う。
2:ローカル環境上のtheme配下のテーマを
    さくらインターネットのtheme配下へコピー
3:ローカル環境上のplugins配下のプラグインを
    さくらインターネットのpluginsへコピー(必要なもののみ)
4:ローカル環境上のblogs.dir配下をさくらインターネット配下の
    同一ディレクトリにコピー
5:ローカル環境上からバックアップツール(WordPress Database BackUP)で
  全テーブルをエクスポート
6:エクスポートした.sqlファイルのurl部分をさくらインターネットのurlに置き換える。
  (http://localhost/wordpress/をhttp://www.eno-moto.sakura.ne.jp/wordpress/へ置き換え)
 今回は、エディターのgrepを使用して置き換えた。
7:さくらインターネット上のphpmyadminでWordPress関連の
  テーブルをすべて削除。
8:さくらインターネット上のphpmyadminで
  6で作成した内容を内容をインポート。
9:ローカル環境上のblogs.dirの内容をさくらインターネット上の
 同一フォルダーにコピー
10:新環境のphpmyadminで以下のテーブルの更新を行う。URLを新環境のものに更新
  ・wpxxx_site(pathの内容を更新)
  ・wpxxx_blogs(pathの内容を更新)
  今回は、http://localhost/wordpress/をhttp://www.eno-moto.sakura.ne.jp/wordpress/
  へ更新。

  xxxの部分は、環境構築時のデータベースの接頭辞の内容により変化する。
 
参考URL
lab.komadoya.com/blog/2011/02/server-transfer-guide-wp.php
ganchiku.com/2011/05/wordpress_domain_chang.html
toyao.net/xoops/modules/wordpress/archives/5262
slave020611.blogspot.com/2011/06/wordpress.html

WordPressのデータベースをバックアップするプラグイン

WordPress Database BackUP

色鉛筆のような素朴なタッチで描けるPhoshopのブラシ素材

coliss.com/articles/freebies/freebies-photoshop-brushes-coloured-pencil-by-dark-zeblock.html

商用利用も無料、洗練されたデザインのウェブ用UIエレメントのPSD素材 -Design Kindle

coliss.com/articles/freebies/freebies-psd-ui-elements-for-web-design-by-designkindle.html

Wordpressでナビゲーションを表示する方法(コーディングによる方法)

www.yuriko.net/arc/2008/07/26/navigation/

Wordpressでトラックバックを表示する方法。

www.koikikukan.com/archives/2009/08/13-011717.php

wp_headを入れるとページトップに余分なマージンが取られる。

WordPress3.1から管理バーの表示機能がついたため、
ページの先頭に余分につくようになった。

以下の方法で表示方法を変更できる。
1:ユーザ>あなたのプロフィール内の「管理バーの表示」を「管理ページ内」とする。

2:関数による方法
add_filter( 'show_admin_bar', '__return_false' );を
functions.php内に指定する。

参考URL:
www.lifeisg.com/blog/other/wp_head-y/


少しのコードで実装可能な20のCSS小技集

www.webcreatorbox.com/tech/css-tips20/

twitterのツイードを表示するjavascript

blog.thingslabo.com/archives/000036.html

JavaScriptでスクロールバーのデザインを変える(fleXcroll)

ameblo.jp/linking/entry-10105261464.html
optivisions.com/2011/06/83

tech.ludicmind.net/javascript/flexcroll.html
ライセンス関係のことは上記にのサイトに記載がある。
非商用利用は無料であるが、リンクが推奨されている。

[CSS]スクリプト無しで、高さがバラバラの画像を隙間無く配置するスタイルシートのテクニック

coliss.com/articles/build-websites/operation/css/css-seamless-responsive-photo-grid-by-css-tricks.html

ビンテージ風オーナメントロゴを簡単に作成可能なベクター素材セット「Vectorian」

photoshopvip.net/archives/26982

素朴なレトロ、ビンテージスタイルの高品質フリーフォント25個まとめ

photoshopvip.net/archives/26322
プロフィール

e.swan

Author:e.swan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR