EpsonScanの動作が異常に遅くなる。

原因は、ウィルスバスター2009の設定。

詳しくは以下を参照。
ziddy.japan.zdnet.com/qa5382362.html

Twainのログをリアルタイムスキャンしてしまうために
起こる現象のようである。

このログをスキャン対象外にすることで回避。

スポンサーサイト

Action Script3.0イベント解説

以下のURLを参照のこと。

oshige.com/flash/as3note/2007/04/12_1.html

PhotoshopでIllustrator形式(ai)形式を読み込んで他の形式に変換するときの注意点。

PhotoshopでIllustrator形式(.ai)をバッチで読み込んで他の形式にするときは、
Illustrator形式のファイル名では保存できないので注意すること。

Photoshopでai形式のファイルを読み込むと、pdf形式で読み込まれるようになっている。
このときに、ファイル名は「ページオプション」内の「名前」の内容が使用されるようになっている。

この「名前」がそのままバッチで保存するときのファイル名となるため、
複数の名前が異なるai形式のファイル名を読み込んだとしても、常に
「名前」で指定されたファイル名が使用される。つまり、すべて同じファイル名となってしまう。

そのため、常に上書き保存されることになり、
複数のaiファイルがあったとしても、一つのファイルになってしまう。

メニューの「自動処理」内の「バッチ」で指定するときに
「ファイルの名前」でファイル名を指定することにより、別々のファイル名に保存可能になる。



Illustratorのバッチ機能について

Illustratorのバッチ機能は、Photoshopとは同様なメニューの位置にはないので
注意すること。

Illustratorのバッチ機能は、アクションパネル内にあり、
アクションパネルを右クリックすると、プルダウンメニューの中にある。

ただし、Illustratorのバッチ機能は、書き出し機能で指定したフォーマットでは
書き出せず、常にai形式(イラストレータ形式)になるので注意すること。
(たとえば、aiからpng形式では書き出すことはできない。バッチ登録時は
png指定できるが、バッチを実行するとその指定は無視され、ai形式で保存される)

「別名で保存」を指定したときに指定できるフォーマットのみ(pdf,swgなど)が指定可能である。

Illustratorのバッチについては、以下を参照のこと。
help.adobe.com/ja_JP/Illustrator/14.0/WS714a382cdf7d304e7e07d0100196cbc5f-62a7a.html#WS714a382cdf7d304e7e07d0100196cbc5f-62a6a

pngなどの形式に保存したい場合は、いったんPDFなどに変換し、
Photshopでpng変換する必要がある。

これで、2時間近くはまった・・・・(^^;)



ActionScript3.0でVBのTrimと同じことをやる方法

StringUtilクラス内のtrimメソッドを使用する。

以下の形で使用する。

import mx.utils.StringUtil;
myString = StringUtil.trim(myString);

コンポーネント(swc)をライブラリーバスに登録する方法

ライブラリーバスの登録方法については、以下を参照のこと。
CS4でFlashコンポーネント(.swc)をライブラリパスに登録する方法(共通)
blog.quq.jp/2009/07/flash-component-swc-is-registered-in-the-library-path-common/

CS4でFlashコンポーネント(.swc)をライブラリパスに登録する方法(個別)
blog.quq.jp/2009/07/flash-component-swc-is-registered-in-the-library-path/

ActionScript3.0でJSON形式のファイルを読む方法

as3corelibを使用する方法がある。
内容は、以下のURLを参照のこと。
feb19.jp/blog/archives/000159.php

コーディング例も記述されている。

as3corelibについては、以下から入手すること。
github.com/mikechambers/as3corelib

as3corelibは、Flashコンポーネント(swc)となっていて、
ライブラリパスに登録する必要がある。

ライブラリーバスの登録方法については、以下を参照のこと。
CS4でFlashコンポーネント(.swc)をライブラリパスに登録する方法(共通)
blog.quq.jp/2009/07/flash-component-swc-is-registered-in-the-library-path-common/

CS4でFlashコンポーネント(.swc)をライブラリパスに登録する方法(個別)
blog.quq.jp/2009/07/flash-component-swc-is-registered-in-the-library-path/


ActionScriptとPHPの連携でPHPから配列を受け取る方法(ActionScript2.0)

JSON形式を使用して受け取る方法がある。
(ActionScript側では、JSON.asライブラリー使用)

内容については、以下のURLを参照のこと。
www.lockon.co.jp/blog/actionscriptflash/phpflash.html

上記の例は、ActionScript2.0の例である。
PHP側はphp-json(www.aurore.net/projects/php-json/)
を使用している。php-jsonについては、PHP5.2.0以降であれば、
標準で使用できるようになっている。



ActionScript3.0とphpの連携でPHP側から配列の受け取りができない。

ActionScript3.0とPHPの連携でPHP側から配列で受け取ることができない。
ActionScript3.0側で受け取ると(受け取り変数=Array)としか表示されない。

いろいろと調べた限りでは、そのままでは配列を受け取ることはできないようである。
(配列以外の変数であれば可能)

PHP側で配列をいったん分解し、文字列結合の形にして
受け渡すようにすると可能になる。

以下は、今回のコーディングである。

------------ActionScript側----------------
//ActionScript3.0とPHPの連携

//PHPファイルのURLを指定する。
var request:URLRequest = new URLRequest(
    "http://localhost/php/filename_acq.php");

//PHPへPOST送信
request.method = URLRequestMethod.POST;

//APとサーバ間で変数を転送する。
var variables:URLVariables = new URLVariables();

//送信する変数 これが入っていないと、#2101エラーが発生する。
//Error: Error #2101: URLVariables.decode() に渡される文字列は、名前/値のペアを含む、URL エンコーディングされたクエリー文字列でなければなりません
variables.file_name = "";
request.data = variables;

var loader:URLLoader = new URLLoader();
loader.dataFormat = URLLoaderDataFormat.VARIABLES;
              
//データを送った後、値を受け取る際に使用
loader.addEventListener(Event.COMPLETE, onComplete);
//loadで変数を送る
loader.load(request);

    function onComplete(event:Event):void{
        //戻り値を変数に格納
        var vars:URLVariables = new URLVariables(event.target.data);
       
    trace("戻り値="+ vars.file_name);
     }

---------------PHP側------------------
<?php
    // 写真フォルダ内の写真ファイル名を取得し、配列に格納する。
    $pht_dir_handle = opendir('../images/getsurei/07/pht');
    while (false !== ($dirfile = readdir($pht_dir_handle))) {
        if ($dirfile != "." && $dirfile != "..") {
            $pht_file[] = $dirfile;
        }
    }
    // 昇順にソートを行う。
    sort($pht_file);
   
    echo "file_name=".$pht_file[0].",".$pht_file[1];
?>

参考URL
blog.livedoor.jp/koreedablog/archives/810427.html
blog.livedoor.jp/koreedablog/archives/813389.html

$_SESSIONに配列がどれだけ格納されているかを調べる方法

この場合でも、count関数が使用できる。

例:
$kazu = count($_SESSION['ken'])-1;

loaderinfoクラスについて

www.project-nya.jp/modules/weblog/details.php

Action Script3.0で、文字コードを変換する方法(readMultiByte)

blog.chikathreesix.com/2008/08/as3-shiftjis-xml-1.html

readMultiByteには、EUC-JPを正しく処理できないというバグがある。
いかにその回避策がある。(Jcode.as)
kudelab.com/archives/20

Action Script3.0で、text,htmlテキストを載せる方法

以下は、htmlを表示する方法
gelsol.sub.jp/examples/textfield3/003.html

www.flash-jp.com/modules/newbb/viewtopic.php

以下はtextを表示する方法
f-site.org/articles/2007/02/08061116.html

CRONの設定で「指定されたコマンドは実行することができません。」と表示される。

原因は、実行ファイル(example.sh)のパーミッションの設定。

実行権限を与えていなかったため、上記エラーが発生した。
パーミッションを744に設定することで解決した。

参考URL
muneto.murakami.biz/program/cron%E3%81%A7%E5%85%A5%E5%8A%9B%E5%86%85%E5%AE%B9%E3%81%AB%E5%95%8F%E9%A1%8C%E3%81%AE%E3%81%82%E3%82%8B%E9%A0%85%E7%9B%AE%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99.php

keijisaito.info/arc/cron/cron_use.htm

プロフィール

e.swan

Author:e.swan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR