スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テンプレート作成について(テンプレートタグ)

<!-- TemplateBeginEditable name="変数名" -->
<!-- TemplateEndEditable -->

上記の内容をテンプレートタグという。
上記のテンプレートタグは、挟まれた部分を任意に作成可能とするものである。

参考URL
http://www.adobe.com/jp/devnet/dreamweaver/articles/using_template_part1.html
スポンサーサイト

テンプレート作成時に便利なもの(テンプレート式)

divタグなどで、idとかclassを定義したい時、
テンプレートによっては、その内容を可変させたい場合がある。

このような時は、テンプレート式を使用すると可能になる。
使用方法は以下の通り。

1:ヘッダ(<head>)部に以下の内容を定義する。
<!-- TemplateParam name="mngr_momet_cmn_outline_id" type="text" value="初期値" -->
<!-- TemplateParam name="mngr_momet_cmn_outline_cls" type="text" value="初期値" -->
name内は任意とする。

2:以下のようなテンプレート式を定義する。
<div @@((mngr_momet_cmn_outline_id == '') ? '' : 'id="' + mngr_momet_cmn_outline_id + '"';)@@@@((mngr_momet_cmn_outline_cls == '')?'' : ' class="' + mngr_momet_cmn_outline_cls + '"';)@@>
TemplateParam name内の変数名と一致させる。

3:メニューバーの修正(M)内の「テンプレートプロパティ(P)」を指定する。
ここに、1,2で定義した内容が出てくるので、任意のid名または、class名を定義する。

上記の操作を行うと、テンプレートプロパティ内で定義した内容がidまたはclassに展開される。
2で定義したテンプレート式は、定義しなかった場合は、その要素は定義されない様になっているので、
idのみの場合は、classの指定を空欄とする。

参考URL
www.adobe.com/jp/devnet/dreamweaver/articles/using_template_part1.html

または、以下のURLも参考にすること。
www.iltt.info/page/dreamweaver/soft/17.htm

テンプレート作成時の注意

以下のような記述は、作成可能であるが、
記述の仕方によっては、エラーとなるので注意すること。
        <!-- TemplateBeginEditable name="contents01" -->
            <div id="aaaa">
        <!-- TemplateEndEditable -->

        <!-- TemplateBeginEditable name="contents02" -->
            </div>
        <!-- TemplateEndEditable -->

上記の例は、複数のTemplateBeginEditable nameとTemplateEndEditable
で構成されているが、<div>がまたがった形で定義されている。
この場合、エラーとなる。(閉じタグがないと判断される)

以下のような記述であれば可能
(TemplateBeginEditable nameとTemplateEndEditable内でクローズしている)
        <!-- TemplateBeginEditable name="contents01" -->
            <div id="aaaa">
            </div>
        <!-- TemplateEndEditable -->

        <!-- TemplateBeginEditable name="contents02" -->
            <div id="bbbb">
            </div>
        <!-- TemplateEndEditable -->





DreamweberCS4,5でhtml5でコーディングしたテンプレートを適用すると文字化けする。

blog.btmup.com/web-general/dreamweaver-cs4-template-mojibake.html

テンプレートを適用すると、shift-jisとして認識されるのが原因。
metaタグをhtml4と同等な書き方とすることで回避可能。
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />  

DreamWeaverCS4でHTML5+CSS3コーディング環境を整える

blog.razzle.co.jp/designers/392
プロフィール

e.swan

Author:e.swan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。