スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WordPressからWordPressへデータを移行させる

今回、ローカル環境からさくらインターネット上の環境にWordPressの環境を
移行した。このときの手順をまとめたものである。

バージョンは、3.1.4である。

1:さくらインターネット上にWordPressの環境を構築する。
 今回はさくらインターネット上に作成
 (URL: http://www.eno-moto.sakura.ne.jp/wordpress/)
 マルチサイト化が必要な場合はマルチサイト化を行う。
2:ローカル環境上のtheme配下のテーマを
    さくらインターネットのtheme配下へコピー
3:ローカル環境上のplugins配下のプラグインを
    さくらインターネットのpluginsへコピー(必要なもののみ)
4:ローカル環境上のblogs.dir配下をさくらインターネット配下の
    同一ディレクトリにコピー
5:ローカル環境上からバックアップツール(WordPress Database BackUP)で
  全テーブルをエクスポート
6:エクスポートした.sqlファイルのurl部分をさくらインターネットのurlに置き換える。
  (http://localhost/wordpress/をhttp://www.eno-moto.sakura.ne.jp/wordpress/へ置き換え)
 今回は、エディターのgrepを使用して置き換えた。
7:さくらインターネット上のphpmyadminでWordPress関連の
  テーブルをすべて削除。
8:さくらインターネット上のphpmyadminで
  6で作成した内容を内容をインポート。
9:ローカル環境上のblogs.dirの内容をさくらインターネット上の
 同一フォルダーにコピー
10:新環境のphpmyadminで以下のテーブルの更新を行う。URLを新環境のものに更新
  ・wpxxx_site(pathの内容を更新)
  ・wpxxx_blogs(pathの内容を更新)
  今回は、http://localhost/wordpress/をhttp://www.eno-moto.sakura.ne.jp/wordpress/
  へ更新。

  xxxの部分は、環境構築時のデータベースの接頭辞の内容により変化する。
 
参考URL
lab.komadoya.com/blog/2011/02/server-transfer-guide-wp.php
ganchiku.com/2011/05/wordpress_domain_chang.html
toyao.net/xoops/modules/wordpress/archives/5262
slave020611.blogspot.com/2011/06/wordpress.html

スポンサーサイト

WordPressのデータベースをバックアップするプラグイン

WordPress Database BackUP

Wordpressでナビゲーションを表示する方法(コーディングによる方法)

www.yuriko.net/arc/2008/07/26/navigation/

Wordpressでトラックバックを表示する方法。

www.koikikukan.com/archives/2009/08/13-011717.php

wp_headを入れるとページトップに余分なマージンが取られる。

WordPress3.1から管理バーの表示機能がついたため、
ページの先頭に余分につくようになった。

以下の方法で表示方法を変更できる。
1:ユーザ>あなたのプロフィール内の「管理バーの表示」を「管理ページ内」とする。

2:関数による方法
add_filter( 'show_admin_bar', '__return_false' );を
functions.php内に指定する。

参考URL:
www.lifeisg.com/blog/other/wp_head-y/


プロフィール

e.swan

Author:e.swan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。